OXOについて

社名
OXO International, Inc.(オクソー)

設立
1990

本社所在地
601 West 26th Street
Suite 1050
New York, NY 10001

従業員数
ニューヨーク本社  55
世界各国  99

展開国
60ヶ国以上

展開商品数
850以上

商品カテゴリー
キッチン用品                             収納用品
ホームクリーニング用品                   バス・トイレ用品
ベビー&キッズ用品                       ワイン・バー用品
オフィス用品                             医療機器

展開ブランド http://oxo.com/app_themes/skin_2/images/oxo/logo_good_grips.jpghttp://oxo.com/app_themes/skin_2/images/oxo/logo_steel.jpghttp://oxo.com/app_themes/skin_2/images/oxo/logo_softworks.jpghttp://oxo.com/app_themes/skin_2/images/oxo/logo_touchables.jpg  

沿革
1990年    15商品を発表し、OXO設立
1991年    ウォールストリートジャーナル、ワシントンポストなどの著名なメディアから「優れた有望なハウスウェアブランド」として認知
1992年    タテ型ピーラーがクーパーヒューイット国立デザイン美術館のパーマネントコレクション入り。以後30商品がパーマネントコレクション入り
1994年    ボトルオープナーなど3商品がニューヨーク近代美術館のパーマネントコレクション入り
1995年    ケトル、クリーニングカテゴリーへ参入
1998年    サラダスピナー、アップリフトケトル発表
1999年    I.D.S.A.ビジネスウィーク主催のDesigns of the Decade金賞受賞
2001年    アングルドメジャーカップ発表、バス・トイレカテゴリーへ参入
2002年    日本からの要望で、サラダスピナーのミニサイズ発表
2003年    収納カテゴリーへ参入
2006年    OXO JAPAN設立、ダイコングレーターがグッドデザイン賞金賞受賞
2007年    ポップコンテナ発表
2009年    オフィス用品、医療機器のラインセンス事業
2010年    ベビー用品カテゴリーへ参入、創業から20年間の年間平均成長率27%

OXOの使命
毎日の生活をより快適にする革新的な製品開発

OXOの哲学
ユニバーサルデザイン – より多くの人にとって使いやすい製品作り

OXOの由来
名前については、しばしばそのユニークさが話題になります。この名前の背景には、OXOの哲学であるユニバーサルデザインが深く関っています。上から読んでも下から読んでも、どの角度からでも“OXO”と読める。創始者サム・ファーバーのどの言語においても覚えやすい名前にしたいという思いから命名されました。OXO(まる・ばつ・まる)って忘れないでしょ?ちなみに、公式の読み方は”Ox-Oh(オクソー)”です。

OXOのロケーション
OXO本社のある The Starrett-Lehigh Buildingはチェルシー地区の中で最も大きく目立つ建物です。 1932年、巨大なこのビルの建設当初はビルの中に線路が通っていました。いまこのビルは、多くのファッション、メディア、アート関係の企業とともにOXOの拠点となっています。ハドソン川とエンパイアステートビルをのぞむ10階からの絶景は、OXOで働く楽しみのひとつです!

みなさまの笑顔のために
私たちは自社商品に誇りをもっています!もしも、使い方についてのご質問やお気づきの点があれば、カスタマーサポートへご連絡ください。

カスタマーサポート